被害範囲で処理が変わる

女の人

イタチ駆除で多いのは、意外にも都市部からの依頼です。元々日本にいるイタチは山間部で暮らしていることが多く、都市部に進出している個体は少ないのです。しかし、外来種であるチョウセンイタチが都市部で繁殖して増えたことで、イタチ駆除の依頼が都市部に集中しているそうです。イタチの被害としては、畑の野菜や生ごみ、鶏や飼っているペットが襲われる食害があります。この時点でイタチ駆除を思い立つ人も多いのですが、糞尿被害が進行して、天井裏から異音がする侵入を確認してから依頼するケースも多くあります。被害が進んでしまった場合のイタチ駆除では、天井の張替えなど大掛かりな処理も必要になります。イタチが持ち込んだノミやダニ、雑菌、糞尿の被害が予想されるからです。そのため、イタチを駆除したら、住み家となっていた場所に殺菌処理や殺虫処理を行なう必要があります。天井に糞尿のシミがある場合には、その部分の取替え工事も駆除会社で相談することも可能です。再発防止として、侵入経路や退避経路も駆除後に塞ぐ必要があるので、工事相談を受けている駆除会社も多くあります。取り換えが必要かどうか、駆除の見積もりも現地調査の段階では無料としている会社も多くあります。まずは相談をすることが、被害を小さく済ませる布石になることでしょう。見積もり後、それ以上の金額がかかるのかどうかも確認しておくと追加料金で膨大な金額を請求されることはありません。明朗会計な会社を選びましょう。