特定と把握が重要

作業者

獣害においては原因の生物が何かが重要です。イタチ駆除と思いきや、別の生き物だったとなってしまうと行なう対策が裏目に出てしまうこともあるからです。まずは特定とその整体について知ることが重要なのです。まず獣害での原因害獣の特定作業は糞尿や臭い、侵入場所、食害や足跡の痕跡から把握します。何かしら獣害のサインがあるはずです。もしイタチの姿を近くで目撃したのならイタチ駆除として予想を立てることもできるでしょう。予想を確定させるには、自動撮影カメラを仕掛けて何がいるのかを把握する方法もあります。騒がしい天井裏や、侵入経路に動くものを捉えて撮影する自動撮影機能のついたカメラを置くと良いでしょう。イタチ駆除ではイタチの侵入経路を探しておくとカメラや罠を仕掛けやすくなります。早い段階で確認しておきましょう。イタチの痕跡を特定する方法としては、その付近に残った足跡を確認するのもオススメです。生き物は基本的に足跡から、その個体を判断することができます。イタチ駆除をする場合には、その出入りしているイタチが何匹いるのか予想をしなければいけません。1匹だけ捕まえても残りのイタチがいては獣害が解消されません。足跡や糞から数を正確に把握することで、確実な対処をすることができます。家族で暮らしているのか、1匹だけなのかで対処がどのくらいで済むかを判断ができます。1匹だけならその個体の捕獲だけで済みますので、コストや期間も低く抑えることができるでしょう。