駆除の方法

	イタチ

駆除会社のイタチ駆除方法としてはいくつかの対策方法を、状況に合わせて組み合わせて利用しています。被害の進行具合や、被害場所の状況、侵入経路などから、より確実なイタチ駆除をしています。イタチ駆除においての基本対策としては経路の確認と的確なルート塞ぎです。これを間違えると、逃げ場を失くしたイタチが居着く恐れもあります。そこにイタチ駆除として毒餌を利用してしまうと、家のどこかでイタチの死骸が腐敗していく悪循環が生まれます。そのため、経路の把握とルート塞ぎは計画的に行なう必要があります。ある程度の数や、侵食状態によっては忌避剤で対処することもあります。忌避剤で逃し、脱出させた後で経路を完全に塞ぎます。それからは、殺菌や殺虫処理の後に再侵入を防ぐ手段を講じて対策します。数が少なければ箱罠での捕獲を行なって、山や川に逃がす方法を選択します。箱罠とは、イタチが罠の中に仕掛けられた餌を食べることで、重さがなくなってトリガーが外れます。そのトリガーで支えられていた入り口の蓋が閉まるという仕組みです。遊び好きで好奇心旺盛なイタチは、餌を食べなくても、トリガーにあたる金属の棒を押して遊んでいる内に捕まることも多くあります。数が多いと学習して罠に近寄らなくなるので、利用する際には使うポイントを考えてから行なう必要があります。1匹だけなど、かなり個体が少数なことがわかっている時の手段と考えた方が良いでしょう。