勝手な駆除はトラブルにも

いたち

イタチ駆除や獣害の処置には、鳥獣保護法があるため、有害鳥獣駆除の許可や申請が必要です。害獣などの生き物を捕まえることや、撃退、駆除や殺処分については違法行為に問われる恐れがあります。イタチ駆除においてもその保護法が適用されると考えられます。鳥獣保護法とは生き物の生息環境、生息数の水準の確保を主な目的にしています。それにおける個体数の増減処置の権利や許可もこの法律により制限されています。主に狩猟における法律ですが、希少生物でない場合もこの鳥獣保護法により勝手に捕獲することや、駆除することは許されていません。そのため、イタチ駆除においては駆除会社への相談がオススメです。駆除会社なら、駆除のノウハウがあるので、獣害での原因害獣の特定が容易です。防ぎ方や再発防止についても相談ができるため、まずは見積を含めて相談してみた方が良いでしょう。見積無料で診断をしてくれる駆除会社も多いので、訪問により原因害獣の特定から費用算出も依頼できます。その見積からイタチ駆除を依頼するかどうかも判断することが可能です。獣害は被害を起こしている原因の特定がもっとも重要です。対処内容や、注意事項が害獣によっては大きく異なります。獣害被害に早急な対処をするには、相手に合わせた対策をすることが重要なのです。対処方法もよく考えないと、毒餌で退治した死骸が把握していない場所で腐敗してトラブルを起こすケースもあります。確実な解決なら駆除業者に相談しましょう。

特定と把握が重要

作業者

獣害ではまず原因害獣の特定、状況や数の把握が重要です。イタチ駆除においてもそれは同様です。サインを見逃さずに、しっかりと対処していくことが再発を防止する方法となります。

More Detail

被害範囲で処理が変わる

女の人

都市部で依頼の多いイタチ駆除。駆除を依頼する場合には、どの範囲までの被害があるのかを確認して、処置を行なうことが重要です。家に侵入されている場合には、ノミやダニの駆除や殺菌が必要なこともあります。

More Detail

駆除の方法

	イタチ

イタチ駆除にはいくつかの対策方法があります。駆除を行なう会社では、状況や予想される個体数に合わせて対策を講じます。箱罠や忌避剤、毒餌などの利用は効率的に行なう必要があるためです。

More Detail